G-1リーディングサイアー メンテナンス usaru3編

266 views

どうも!!何でも便利屋usaru3です!!^-^ノ

 

今回は久々に大型メダルゲームのメンテナンス、内部構造について記事にして行こうと思います。

対象のマシンは

G-1リーディングサイアー

一時期エラー多発でご迷惑をお掛けしておりましたが、

様々な作業の甲斐あって、2017年9月18日時点で元気に稼動しております♪♪

実はこのマシン、もう修理対応などメーカーでの対応は終了しており、

さらには部品の販売も終了しているため、現存している店舗が

殆どなくなっております。

当店では何とか別部品で代用したり、そもそもの部品を作ってみたりとで

寿命を延ばしている状況です。

ただ、やはり経年で複数のエラー原因が重なると分解作業になる時もあります。

今回は4つの原因でエラーが多発しておりました。

①馬を動かしている自走車のタイヤがゴム製で、コレが溶けて動かなかった

②基板上にあるスイッチがゲーム稼動の振動で勝手に切り替わってしまう

③馬の自走車に電力を供給している部分が汚れていた

④馬の位置を認識しているカメラが汚れていた

①や②の場合は対象部品をさっと交換すれば直るのですが

(営業中の交換作業を見たことある方も多いと思います)

③、④の場合各ステーションをばらしての作業になって行きます。

では、早速分解した画をば

IMG_2861

色々引き抜くとこうなります。

ここからさらにフィールド下腹部の木の板を取り外した中に

馬の位置を認識しているカメラや基盤があります。

IMG_2865 IMG_2864

IMG_2863

 

自走車に小さなランプが2つついており、この光を写真のカメラで認識し、位置を把握しているようです。

これも確実にそういう仕組み、というわけではなく、我々の修理の経験上、の話です。

内部の仕組みや設計図みたいな資料も無いので、修理の経験値が要求されます。

最初に世に登場したのが1999年なので、18年の時が立っておりますが、

この時代に赤外線認識やLANケーブル、光ケーブルなどの

技術が使われている最先端仕様。

この技術が詰め込まれているからこそ、現在まで動いているとも言えるでしょう。

時代の最先端技術が使われていたゲームセンターのゲーム機達。

現在ではVR技術を使ったマシンがそれにあたりますが、まだゲームセンターでの大量導入には

至っていない状況です。

時代の変化を経験できているのを楽しみつつ、

G-1リーディングサイアーのような古き良きマシン達も大切にして行きたいと思います♪

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
usaru3

usaru3

アーケードの機械を改造したり、メダルのイベントを作ったり、この人なしではバイヨンは回らない何でも屋さん。クルー名を自分でつけたが誰も呼んでくれないかわいそうな人。