話題の新宿ゲームバー 16SHOTSに行ってみた

11,980 views

皆さんこんにちは。NOMUです。

さて、今回は新宿にあるゲームバー「16SHOTS」さんに行ってきましたので

お店の様子とか感想などをレポートしていきたいと思います。

(・・・決してブログのネタがなくて、ネタ探しに行ったとかそういうことではありませ・・。)

そもそもゲームバーとはなんなのか?

ゲームバーで検索すれば日本全国様々なゲームバーがヒットすると思います。

色んな情報が溢れていますので、このブログ用に私なりの解釈として説明をしますね。

まず誤解のないように言っておきますが、ゲームバーとは必ずしも

「ゲームが遊べるBAR」ではないのです。

 

・・少し前に「ファミコンバー」という業態が流行りましたが

これはお酒を飲みながらファミコンなどのレトロ家庭用ゲームで遊べるというのがウリでした。

「家でやればいいのでは・・」という声があるのもわかりますが、そういう場所で同じ趣味の方達が

集まって同じ空間を共有するというのが楽しいのです。

この辺はゲームセンターと一緒ですね。ただゲームをするだけなら家でも出来ますし

スマホでどこでも出来ますが、「仲間や知らない大勢の人と空間を共有して・楽しむ」のが

ゲームセンターの魅力です。

 

そんなこんなでこのまま業態として定着するかに見えた「ファミコンバー」でしたが

渋谷のある店舗が著作権協会からの警告を受け閉店してしまいます

家庭用ゲームを商業利用するのは基本的にダメなんですね。

よく考えたらそりゃそうだって話しです。だって業務用ファミコンとかありましたしね・・。

もちろん著作権料をしかるべきところに納めれば解決出来る問題なのですが

ファミコン・・というか任天堂のハードに関しては他社よりも著作権に厳しく難しいようです。

この事件以降「ファミコンバー」と名乗る店舗はほぼなくなり「ゲームバー」という名称が

一般的になります。

 

で、冒頭に書いたように「ゲームバー」と名乗っていても

「うちはお酒を飲みながらファミコンとかメガドラが遊び放題ですよー」と

宣伝している店舗はほぼありません。特にファミコンに関してはゲームバー運営各社は

相当に気をつけている様子です。

では今現在のゲームバーとはどんな場所なのか・・

 

【ゲームバーの特徴】

・店舗にレトロゲーム関連グッズが展示してある

・店舗スタッフがゲームに詳しくマニアな話題で一緒に盛り上がれる

・展示してあるゲームを実際に遊べるとは限らない

・ハードやソフトの持ち込みや貸し出しは店舗ごとにルールが違う。(基本NGが多い)

 

また、ゲームバーという名称以外にも「サブカルチャー」や「80年代」というキーワードや

コンセプトの店舗もあります。その場合はゲーム特化というよりは80年代から90年代の

サブカルチャーをテーマにお酒を飲む場所が多いですね。

16SHOTS

前置きが長くなりましたが、先日ずっと気になっていた新宿のゲームバー

「16SHOTS」さんにお邪魔しました。

初めて行くバーに1人はちょっと・・という事で友人を誘い新宿へ。

新宿御苑の近くにあるお店に着いたのは19時30分・・ちょうど開店したばかりです。

中をのぞくとお客さんは誰もいない・・まあ開店直後だしね・・。なかなか敷居が高そうな

店構えでしたが、友人と2人でドキドキしながら店内へ。

・・あれ?店員さん寝てるの・・?それともこんな時間から来るなってことかな・・。

「あのー・・お店やってますか?」

「ああ、やってますよ。すいませんちょっと寝てました。どうぞどうぞ」

ちょっと寝てたって・・すげぇ・・これがゲームバーの洗礼か・・(違う)

店内の雰囲気はこんな感じ

????????

????????

おお・・テーブル筐体だ・・懐かしい。

インストは「虹色町の奇跡」なのに・・基板はケイブの「ケツイ」だ・・すげぇ・・

(色々わからなくなっています)

「えっと。メニューとかあります?」

とスタッフのお姉さんに恐る恐る聞いてみると・・

????????

おお!すごいなんだこれ。メニューが昔のゲームの説明書みたいだ!

無難にドリンクを注文し、一心不乱に氷をアイスピックで砕いているお姉さんとしばし談笑・・。

うーん、「超フレンドリー」だ。まあ最初寝てた位だし・・。しかしこのお姉さんゲームに詳しい。

若く見えるけどいったいいくつなんだろう・・。

と、この辺で当初の目的を思い出し、お姉さんに取材の交渉。

「あのー実は埼玉でゲームセンターをやってまして・・。ブログでここの事買いてもいいですか?」

「あーどうぞー」

「写真とか撮っても・・」

「あーいいんじゃないですかー、どうぞー」

か・・軽い・・こんなものなのか?しかしまあ、せっかくOKを頂いたので改めて店内を見回す。

????????

んー。無造作になんかすごいレアなものが沢山あるー。

サラダの国のトマト姫がツボ過ぎる・・。

????????

ドンキーコングのゲームウォッチ!

昔ずーっと遊んでたやつだ・・。まさかこんな場所で再会するとは。

そしてワンダースワンと・・・・もう一個コレなんだ・・?やばい知らないぞ・・。(誰かわかりますか?)

????????

よく見ると棚の上になんかいる!!

あ、あれはディスクシステムの書き換えマシン?(なぜこんなところに)

そして伝説のバーチャルボーイと・・・

 

ファミコンロボットー!!お前まだ生きていたのか!!

「へへ・・まだブロックは積めますぜ・・ゲフッ」

無理すんなー!!

 

と、1人テンションが上がってしまい友人ほったらかしにしていましたが

スタッフのお姉さんとゲーム談義で盛り上がっている様子・・よかった。

そこへ店長さんも登場し、色々とお話をさせて頂きました。

(本当にありがとうございました)

そして写真には撮れませんでしたがトイレの壁には業界人の方の名刺が沢山!

いやー皆さん結構遊びに来てるんですねー。

 

店長さんとの会話は本当に濃い話しでとても書ききれませんが

凄い人だという事だけはお伝えしておきます。(ゲーム関連で知らない事ないんじゃないか?)

 

そんなこんなで気がついたら3時間近くいましたがそろそろ電車が・・

で、お会計が2人で3時間飲んで5500円・・。安い・・。

まあそんなバカみたいに飲んだわけではないですが・・にしても安い。

ポイントカードももらい、また行こうと決意し帰路につきました。

ゲーム好きな方には本当におススメのバーなので、敷居が高いと思わず

ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

16SHOSTさんへのリンクはこちら → http://www.16shots.jp/

それではまた次回ー。次回はセガプライベートショーのネタかな?

(書くことがあれば・・ね・・。)

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Nomu

Nomu

数少ないバイヨンオープニングメンバーの1人。もう10年以上バイヨンに関わってます。メダルゲームを専門とし、シングルマシンをこよなく愛する。好きなゲームは52JP・HMなど。