【夏休みSP①】愛すべきバカゲーの世界 PS編

313 views

皆さんこんにちは。NOMUです。

夏ですね。お盆休みですね!

まあ我々ゲーセン関係者は

お盆休みなんて取れないけどね!

世間の皆様とは基本的に逆の生活を送っているので

今は繁忙期真っ只中でございます!

あ、そのかわり休みの時期をずらしたり

皆さんが忙しい時は休んでいるのでご心配なく・・・。

さて、今回と次回は夏休みスペシャルとして

普段書かないような記事を書きたいと思います。

普段はゲームセンター業界の事とか、ゲーセンにまつわる事とか

進行している企画の報告だったりをこのブログで書いていますが

そういった事を全て忘れて、個人的な趣味を爆発させたいと思います。

まあ夏だし・・たまには・・ね。

そんな訳で1回目は「愛すべきバカゲーの世界 PS編」を

お届けしますよー。

バカゲーとは

誤解がないように書いておきますが

バカゲーとは「ダメなゲーム」ではありませんからね。

超真面目にバカをやるのがバカゲーです。

ゲームとしてのクオリティが決して低い訳ではありません。

そりゃ、つっこみどころは多々ありますが本当によいバカゲーは

多くの人に愛されるものだと思っています。

知名度こそ低いものの・・セールスこそ振るわなかったものの・・

他のゲームにはない何かがある。それがバカゲーです。

キャプテン・ラヴ

CL1

初代プレステの時代は沢山のバカゲーが発売されました。

このキャプテン・ラヴもその代表格の1つ。歴史に残るバカゲーです。

公式には「ドラマチックヒーローアドベンチャー」というジャンルみたいです・・

すごく説明するのが難しいゲームなのですが、主人公(プレイヤー)が

ヒロインとの真実の愛を貫くというのがテーマなので、普通の恋愛ゲームとは

違い、各話で出てくるサブヒロイン達を全員振らないと真のエンディングには

辿りつけません。ちなみにサブヒロイン達と結ばれるルートもありますが

それらは全てバットエンド扱いです。・・んん・・厳しい・・。

で、なんでこんな格好をしているかというと、主人公は

愛の共産化を目的とするラブラブ党の一員だったのですが、ヒロインに

惚れてしまった為ラブラブ党を抜けてキャプテン・ラヴとして闘うことに

なったからです。

何を言っているかわからないと思いますが

私もよくわからないので大丈夫です。

ラブラブ党員との戦闘は「論撃バトル」というこのゲーム独自のシステムです。

cl2

どちらの愛の理論が勝っているかを競う・・

簡単に言えば「口げんか」です。

間違った選択肢を選ぶと負けてしまいます。

 

cl3

なんでしょうね?愛の共産化って・・・

あ、闘ってる相手がラブラブ党員の方です。

敵はだいたいこんな感じ。

cl4

なんかいい事を言っていますが・・・

どんな状況だよ・・・。

ただこのゲーム、設定はバカみたいですが内容は

意外に深い

結構考えさせられるテキストだったりします。

 

他に注目ポイントとしては

遠藤久美子の歌う主題歌が微妙すぎるところでしょうか。

あ、ヒロインの声もエンクミです。

なんていうか・・すごく独特の演技です・・。

 

ゲーム自体はとりあえずエンディングまでいった思い出・・・。

クリア後に当時の上司にこのゲームを貸して

サブヒロインとのエンディングとクリア後の隠しキャラ(?)とのエンディングまで

全てを完璧に攻略された時に「ああこの人には勝てない」と思いました。

今はもうこのゲーム手に入らないだろうなぁ・・・。家にまだあったかなぁ・・?

70年代風ロボットアニメ ゲッP-X

p1

こちらも知る人ぞ知る伝説のバカゲーです。

ゲッピーXってタイトルとロボの見た目通り、ゲッターロボへの

愛に溢れているゲームです。

p2

ジャンルとしてはシューティングゲームです。

自機は3種類に変形できるのですが、変形の時に一瞬無敵時間が

あるので、これを上手く使えば難易度はそんなに高くなくて、私のような

シューティングが下手な人間でも意外とクリアできます。

1号と2号の武器性能も高いしね。

(3号は使いどころが微妙ですが。)

ゲームの流れは

オープニング→Aパート→中ボス→Bパート→エンディング→次回予告

というような構成でシューティング部分以外はフルボイスのアニメーションで

ストーリーが進行していきます。

このゲームとにかく声優とアニメーションが無駄に豪華。

たとえば

p6

主題歌は「ささきいさお」です。

他にも

p5

敵の幹部です。

どうみてもあの人ですね。ありがとうございます。

声優も一緒だし。(すげぇ・・)

他の声優陣も超豪華ですよ

主人公の3人はなんと神谷明、速水奨、たてかべ和也の大御所三名!

このお方達が必殺技を叫んでくれます。

さらにBGMは全てヴォーカル曲!

影山ヒロノブなどアニソンレジェンドの皆さんが参加しています。

肝心のストーリーも本当にお約束が満載で、終止熱過ぎる展開に

テンションマックスです。

p3

ロボは物語の中盤で敵との戦闘に破れ破壊されてしまいます。

どうなるゲッP-X!?

大丈夫!こんなこともあろうかと!

p4

中盤以降はパワーアップした機体

ゲッP-XX (ゲッピーダブルエックス)

でゲームを進めていきます。うーん、お約束!

あとかっこいいんだよ!デザインが!

ちなみにもう1つのお約束として、中盤で3人の主人公のうち

一人が死にます(!?)

その後補充要員の新キャラが仲間になるのですが

誰が死ぬかはプレイヤーの選択肢しだいで変わり、

エンディングも分岐します。

真のエンディングは本当にたまらない展開で当時泣きました。

本当に・・本当にお手本のようなエンディングです。

たぶん当時10回以上クリアしているんじゃないかなこのゲーム。

魅力の全ては伝え切れませんがとにかく素晴らしく

熱いゲームです。どこかで手にする機会があれば是非!

シューティングなのに4枚組の超大作ですよ!

クッキングファイター好

hao1

バカゲー界のレジェンド

キングオブバカゲー

それがこの「クッキングファイター好(ハオ)」です。

日本一ソフトウェアさんのゲームですし、最近も色々と

取り上げられる事が多かったのでご存知の方も多いかな?

ジャンルはなんだろう?・・アクション・・?うーん分類できない・・。

前述のゲッP-Xがゲッターロボへの愛に溢れていたように

このゲームはミスター味っ子とGガンダムへの愛に溢れすぎています。

hao2

主人公のハオとラスボスである味魔王のビジュアル

どこからどうみてもシャイニングフィンガーの人と

マスターなんとかですね。ありがとうございます。

hao3

戦っているのは謎の覆面料理人

「忍者料理人 味影」

もちろん兄弟という設定です。

hao4

ゴットフィンガーを繰り出しそうですが違います。

各話の終盤でなぜか金色に発光して「料理は心ぉぉ!」とか叫びます。

hao5

肝心のゲーム部分はこれ。

料理バトル・・・。

画面にいる食材を攻撃して、HPが減ったところで

料理をします。

が・・敵も攻撃できるうえに、敵のHPを減らして気絶させれば

敵の作った料理を奪って自分のものにできるので、敵に料理を作らせて

奪ってしまえば100%勝てます。それがわかっているのか

敵もガンガン攻撃をしてきます。

・・いや料理しようよ。

ゲームの流れはAパート→料理バトル→Bパート→次回予告

ほぼ操作してねぇ!

いいんです。面白いから。

ちなみに次回予告は毎回こんな感じ

味魔王の弟子を名乗る美人料理人アニス

彼女の料理に重大な欠点を発見したハオが

彼女に言った言葉は!?

怒り狂ったアニスの必殺技がハオを襲う!

次回!クッキングファイターハオ 第二話

「この料理は辛すぎる」

・・振り下ろす包丁にも愛を込めて。

これを声優の檜山修之さんが全力でやってくれます。

(幽白の飛影のお方ですよ!)

主人公ハオの声優も檜山修之さんです。

熱すぎます。

一体なにをどう間違えばこのゲームが出来るのでしょうか・・?

このゲームも当時3回はクリアしました。

まとめ

バカゲーの世界はいかがでしたでしょうか?

本当はまだまだ紹介したいゲームもありますが今回はこの辺で。

冒頭にも書きましたが、どのゲームも世間一般から名作という

評価にはならなかったものの、プレイヤーの心に何かを残している

ゲーム達だと思います。そんなバカゲーが

大好きです!

おまけで今回紹介しきれなかったゲームをちょっとだけ

ev1

封神領域エルツヴァーユ

格ゲーです。

キャラクターごとのストーリーにワクワクするのと

練りこまれたストーリー、世界観は高いクオリティです。

ev2

ただ、こんな人達が出てきます。

(宇宙刑事・・・?)

ダンザイバー・・いいですよ・・イチオシです。

さて、次回は夏休みSP第二弾として

『NOMUさん熱海に行く』

をお届けします。

ただの旅ブログ(!?)

ホテルのゲームコーナーとかをレポートしたいなぁ

などと考えておりますが、泊まるホテルにゲームコーナーがあるのか不明!

大丈夫か・・?

そんな訳で最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

次回『NOMUさん熱海に行く』に

ダンザイバースト!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Nomu

Nomu

数少ないバイヨンオープニングメンバーの1人。もう10年以上バイヨンに関わってます。メダルゲームを専門とし、シングルマシンをこよなく愛する。好きなゲームは52JP・HMなど。