テレビゲームのアートな世界へ

435 views

皆さんこんにちは。NOMUです。

今回はこちらに行ってきました

11月25日(日曜日)

以前もこのブログで紹介させて頂いた

漫画家のRIKIさんがトークショーを行うという事で

参加(?)してきました。

場所はなんとバイヨンの目の前「ソヨカ」

会場にはRIKIさんによる多数のイラストが!

RIKIさんに関しては以前書かせて頂いた

こちらのブログを参照下さいね↓

『RIKIの8BIT展』開催・・ってそれなに?

ちなみにトークショーだけではなく

ゲーム大会も開催されていました。

ゲームはもちろん『キラキラスターナイトDX』!

こちらの様子も眺めていましたが、ソヨカに買い物に来ている

親子連れのお子様達がまあ興味深々。

皆さん楽しそうにプレイしていてとっても微笑ましかったです。

はい、私の真っ黒な心が浄化されましたよ・・フフフ

さて、今回のトークショーはRIKIさんと

阿保剛さん

の対談形式だったのですが、皆さんご存知ですか?

阿保さんの事を?

ネットで検索すればすぐにわかりますが

ファミコンの頃から現在に至るまで

数多くのゲーム音楽を手掛けてきたゲーム音楽界の

レジェンドの一人です。

ウィキペディアに今までの作品が載っていますが

対談でのお話ではウィキに載っているのは今までの

仕事のほんの一部で、実際には(未発売のモノも含め)

100本以上のゲーム音楽を手掛けています

あまりにも多すぎて覚えていない作品もあるらしく

実際は一体どれだけ仕事をしてきたのか本人も

あまりわかっていないみたいですね・・(すげぇ)

そんな阿保さんの代表作・・といっても沢山ある訳ですが

有名なところで挙げると

・メモリーズオフシリーズ

・科学アドベンチャーシリーズ

この2大シリーズでしょうか?

科学アドベンチャーシリーズってアレですよ

シュタインズゲートとかロボティクス・ノーツ

など一連のシリーズですよ。

シュタゲは好き過ぎて書き始めると今回のブログが

永遠に終わらないので詳細は割愛しますが

そんなすごい作品の音楽を作っている方が

まさかバイヨンの近くに住んでいたとは・・・!

RIKIさんといい阿保さんといいご近所という

だけの繋がりで色々とイベントに呼んで頂き

ありがたい限りです。

そんなお二方のトークショーでしたが

まあ内容が濃い事!

主にゲーム音楽についてのトークでしたが

あまりにも専門的なトークで正直私は半分位しか

ついていけませんでした。いや半分もついていけてないかな?

トークショーは30分の予定だったのですが

余りにも盛り上がってしまい2時間お話していたそうです。

(私は仕事の都合で最後までいられませんでした)

私が帰った後にバイヨンのお話もして頂いたと

今日RIKIさんから聞きました。

この場を借りてお礼を致します。

(いつもありがとうございます)

昨日最後までいられなかったので今度阿保さんと

一緒に写真をお願いします。

安定の()が逆ですが・・・

お二人をお呼びしてバイヨンのMAで

大会とかイベントをやったら面白いなぁと思いました。

MAで色んなゲストを呼んでお祭り的なイベントって

自分で書いていてワクワクします。

・・・今いろんなツテを頼りに企画すれば

意外にすごいメンツが集まるんじゃないか・・・?

集まるんじゃないか?

という訳で近しい業界関係者の皆さんは

私から連絡が急に来たら

気を付けて下さい

いや、でもまだ整えないといけない事が

鬼のようにあるので

来年の宿題として大切に温めておきます。

いずれよいご報告が出来るように

頑張ります!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Nomu

Nomu

数少ないバイヨンオープニングメンバーの1人。もう10年以上バイヨンに関わってます。メダルゲームを専門とし、シングルマシンをこよなく愛する。好きなゲームは52JP・HMなど。