新宿ゴールデン街を探検 ゲームバー&アニソンバー

385 views

皆さんこんにちは。NOMUです。

先日私のPCが壊れました(またか

なんか本体から「フオオォ!」ってすごい音が

最近出るなー、頑張ってるなーって思っていたら

突然フリーズして二度と立ち上がらなくなりました・・・。

あれはPCの最後の叫びだったんですね・・・。

被害は最小限だったものの、新しいPCを手配するまで

約2日はかかるとのこと。

PCがない間ほぼいるだけの人になってしまう。

どうしよう・・・。

「そうだ、こんな時こそ普段行かない場所に行って

ブログのネタを拾ってこよう!」

そんな話を他のバイヨンクルーにしたところ

みんな好き勝手にあそこへ行け、ここへ行けという・・・

で、色々と話し合った結果

・初めて行くゲームバーに潜入

・アニソンバーというものに行ってみる

この2つに決定・・・え?一人で行くの?

いいさ、行ってくるよ!

そんな訳で日付が変わる頃に

新宿ゴールデン街へ!

(だいぶ心細い・・・)

ゴールデン街へ

ゴールデン街。新宿歌舞伎町1丁目の飲食店街。

10人も入れば満席になるような小さな飲食店が

2000坪の範囲に約280件密集している。

・・・昔はボッタクリバーなどの危ないお店も

存在していたみたいですが今ではすっかり平和に。

外国人観光客の方が沢山遊びに来るようになった

なんてニュースでも聞きますよね。

昭和の面影が残り、様々な個性的なお店が集まる

ゴールデン街。気にはなっていたのですが

なかなか訪れる機会もなく、たぶん過去に

一回か二回しか来た事がないと思います。

しかもその時は詳しい友人に連れられて来たので

一人で来たのは初めて。

初一人ゴールデン街で、初見のバーに一人で行くの?

今回ハードル高くないか?

まあ、行くと言ってしまった以上仕方ない

やってきました新宿三丁目

来ちゃったよ・・・。

改札から地上に出ることなく花園神社近くの

出口へ、そこはもうゴールデン街。

とりあえず最初のミッション

『初めて行くゲームバーに潜入』

をクリアしよう

BARウラメン

ゴールデン街劇場の地下にある

『BARウラメン』

以前から気になってはいたけど来店は初めて。

ここか・・・

中からはお客さんの笑い声が。

ハ、ハードル高いなぁ

しかしもう電車もないし入るしかない。

「・・・こんばんわー」

「いらっしゃいませ。お一人様ですか?どうぞどうぞ♪」

カウンターには若いお兄さんが、店内にお客さんは

3人ほど。2人組と1人で来たお兄さんがカウンターに。

「初めてですか?わー、ありがとうございます」

とてもいい笑顔で接客してくれるお兄さん。

ああ、救われる。

いい店だ!(早い)

店員のお兄さんと、お一人で来店しているお兄さんと

雑談をしながら色々とお店の事を聞いてみる。

こういうお店は店内にいる他のお客さんと

普通に会話をして仲良くなる事ができるのも魅力。

とりあえずお店のコンセプトは

ゲーム・家電・音楽

の3つがメインとのこと。

(・・・家電?)

ただ日替わりの店員さんによって

詳しいジャンルが違うので他にも色々と。

 

ちなみに「ゲームバーに潜入」と書きましたが

ご存じの通りお客さんにファミコンを遊ばせる

などのお店は現在ありません。

ゲームに詳しい店員さんがいるとか

ゲーム好きが集うお店とか

店内にゲーム関係のグッズが展示されているとか

そういう感じのお店をゲームバーと括っています。

何年か前は店内でゲームが遊べる事をウリにしていた

お店もありましたが権利関係の違反で摘発された

お店が出て以降はそういうお店はなくなりました。

ゲームバー = ゲームを遊べるバー

ではないので注意して下さいね。

ただしこの話はTVゲームについてなので

最近流行りのボードゲームカフェに関しては

また事情が違うと思います。

ボードゲームカフェについてはまたいずれ。

 

さて、BARウラメンの話に戻ります。

店内になにげなく飾られていたサイン。

こ、これは! え?飲みに来たんだ!すごい!

バーなのでお酒は豊富。

せっかくなのでおすすめを聞いてみることに

深山というぶどう酒がお勧めとのこと。

ぶどう酒ってワインとはまた違うのね。

知らなかった。

ワインと違って甘い。

飲みやすいけどアルコール度数はそこそこあるので

飲みすぎないようにしないと。

しかしこのお店・・・

居心地がよい

店員さんや他のお客さんと

ゆるーく会話をしながら何時間でも居られてしまう。

もちろんゲームバーなのでゲーム界隈の話を

緩くできるのがとてもよい。

いい日に来られたのかな?

朝までここに居たい気もするが

もう一つのミッションがあるので

必ずまた遊びに来ることを勝手に誓い次へ

アニメバーエリプス

ウラメンを後にして次のミッションは

・アニソンバーというものに行ってみる

うーん・・・さっきより更にハードルが。

とりあえず色々調べたところゴールデン街から

すぐ近くによさげなお店を発見。

なので少し移動します

深夜の歌舞伎町

こういうギラギラの看板を見ると

自分が歌舞伎町にいるんだと実感する。

そう、いくら平和になったとはいえ

ここは新宿歌舞伎町。

あまり気を抜いていると痛い目にあいかねない。

まして一人で行った事のない場所に行くのだから!

でもなー、さっきのウラメンも入り口の

ハードルの高さに比べて、実際はすごいフレンドリーで

居心地のいいお店だったしな。

アニソンバーも意外と楽勝なんじゃないか?

うんきっとそうに決まっている。

すいませんでした。

やっぱりハードル激高です・・・

きっと中が見えないのがダメ。

大体なんで一人で深夜に若手芸人の企画みたいな

事をやっているんだ(PCが壊れたから)

ええい、来た以上は入るぞ!

「いらっしゃいませー」

カウンターしかないのかと思ったら

予想以上に広い店内。というかすごい広い。

お客さんは3人(一人爆睡してる・・・)

そして店員の女性が3名。

カウンターに座ろうとしたけど

促されるまま奥のソファーへ

うーん

緊張感がすごい

ぼったくられる事はないのだろうけど

こういうお店の文化を知らないから

全てに身構えてしまう。

とりあえず1時間2500円の飲み放題を選択。

本当は2時間3000円でもよかったんだけど

アウェー状態になった場合2時間はキツイ。

しかし事前に調べたとはいえ

安くないか?

後で請求されたりしないのだろうか?

などとありとあらゆるバットエンドを想像していると

店員の女性が話しかけてくれた

(一人でピリついていたのを見かねた?)

とりあえずこちらもネタバラシをして

(ここに来た経緯とか)

どんなお店なのか聞いてみる事に。

色々話をまとめると

・カラオケができる(無料)

・時間制の飲み放題がお得

・店員もお客さんもアニメ好き

・危ない事とかあるわけない(笑)

・むしろ業界で最安値なんじゃないか?

なるほど、一人で警戒しまくっていたのが

バカバカしくなるほど普通のお店。

いや、ものすごい親切丁寧に色々と教えてくれる

ここはいい店だ!(早い)

 

アニメバーというのも色々と種類があるらしく

・アニソンを歌うのがメイン

・アニメの話をするのがメイン

・アニソンを聞くのがメイン

と大きく3つ位にわかれるそうで

エリプスは歌うのがメインのお店だけど

特にアニソン縛りもないそう(緩い)

 

そうこうしている間にお客さんは自分と

最初に爆睡していたお兄さんの2人に。

結局このお兄さんとも色々お話させてもらいました。

ジャンルに関係なく本当にBARに行くと

色んな人と知り合うなぁ。それが楽しいんだけど。

店員さんにアニソンを歌うようにものすごく勧められたけど

流石にちょっとそれはお断りした。申し訳ない。

だって横でお兄さんが寝てるし・・・

 

で、あっという間に1時間経過。

普通にお会計をして終了。

うーん、本当にあっけないくらい何もない。

いや、あっても困るんだけど。

しかし一人で行ってもまったくアウェー感を感じさせない

この接客はすごいな。うちも見習わないと。

バー「ブルードラゴン」

無事にミッションをクリアし

最後はゴールデン街に戻り、BARブルードラゴンへ

友達が働いているのですよ。

カウンターで働く友達と軽口を叩きながら

本日の振り返りを

本日のお勧めという

コーヒーのお酒をいただきます。

コーヒー感があるけど甘くない。美味しい。

それでは今日の振り返り

 

まずはBARウラメンさん

BARウラメン公式

ゲーム好きなら一人で行っても居心地よく

何時間でも居られてしまう。

店員さんが日替わりなので

仲の良い店員さんができれば更に楽しいかも。

 

続いてアニメバーエリプスさん

アニメバーエリプス公式

こちらも初心者おすすめ。

私が深夜に一人でふらっと入店しても

まったく問題なく楽しめました。

なにより安い。安すぎる。

 

そして最後のお店が「ブルードラゴン」

企画とはまったく関係ないけど

最後にここに行くというモチベーションだけで

ミッションをクリアしました。

深夜に私の友達が働いている日があります。

ブルードラゴン公式

 

以上ゴールデン街の探検でした。

また新しい扉を開けてしまった気がするけど

なかなか刺激的な経験でした。

他にも個性的なお店が沢山あるので

皆さんもぜひ遊びに行ってみて下さいね。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Nomu

Nomu

数少ないバイヨンオープニングメンバーの1人。もう10年以上バイヨンに関わってます。メダルゲームを専門とし、シングルマシンをこよなく愛する。好きなゲームは52JP・HMなど。
Nomu

最新記事 by Nomu (全て見る)