【閲覧注意】珍獣屋に行ってきました

597 views

皆さんこんにちは。NOMUです。

さて、今回はなぜか昨年から恒例になった

私の私的な忘年会の様子をお届けします。

・・・なんで忘年会の様子をブログで書くのか?

それではここで前回の記事をご覧ください。

【閲覧注意?】虫を食べる・・。米とサーカスに行って来ました

はい。そんな訳で前回は高田馬場にある

『米とサーカス』というお店に行って来ました。

虫を食べに

最初は「虫を食べる会」という名称でしたが

前回の途中から「命を頂く会」に名称が変わりました。

はい・・無条件に命に感謝するような

そんな衝撃的な忘年会でしたよ。

今回は虫も含め未知の食材に出会う為

珍味の総本山として有名な横浜にある

珍獣屋

に行って来ました。

今回もなかなかに刺激的な忘年会でしたので

この衝撃を皆さんともシェアしたいと思います。

珍獣屋へ!

そんな訳で2018年暮れ、桜木町にある珍獣屋へ

行って来ました。ふじみ野からなんだかんだで

約2時間。なかなか遠いぞ桜木町。

外の看板にはワニとかダチョウとか書いてありますが

前回を経験している我々にはただの「美味しい肉」位の感覚

しかし・・洒落た20代~40代のお客様が多いって・・本当?

看板で盛り上がっていると

予約の時間が来たのでさっそく店内へ!

この先危険!

はい。苦手な人はここから先は超危険です。

ここで引き返す事を強くお勧めします。

大丈夫だという方、好奇心が抑えられない方は

この先にお進み下さい・・・。

 

大丈夫ですか?

では色々と紹介していきましょう。

まずは軽いところでこちらから

しゃぶしゃぶ的なものですが、何の肉でしょうか?

普通に美味しそうに見えますが、正解は

トナカイ

クリスマスも終わっていたので食べてやりましたよ。

味はなんだろう?

やっぱりね、豚や牛なんかと違って

すごい野生を感じる味です。

つけだれも用意されていたんですが

トナカイのミルクがベースのタレ。

これにつけて食べるとだいぶ味もマイルドになって

食べやすかったです。

野生というかなんだろう?獣の感じがすごくて

私は正直ちょっと苦手でした。他のメンバーは

美味しそうに食べていましたが。

お次はこちら。

イルカのハラミです

クジラは食べるんだからイルカも普通に美味しいのでは?

という理論の元注文してみました。

結果、美味しいけど歯ごたえが凄い。

とにかく歯ごたえが凄い。

でもこれはどこかで知ってる味では?

メンバーの一人が「巨大なエンガワ」と

表現し一同納得。

トナカイよりはこっちの方が私は好きでした。

虫もね、やっぱりいっておこうという事で

こちらはセミでございます。

なんか虫も去年経験しているので

「うわぁぁ!セミだぁ!」とかそういう

テンションの上がり方はなくて

・どんな味なんだろう?

・羽が口に残りそう

と冷静に感想を言っていきます。

で、味ですが・・・

アーモンド味

味付けの問題なのか、元々そういう味なのかは不明。

正直もはやセミ位ではなんとも思わなくなっている

自分達が恐ろしかったです。

やっぱりテンションを上げるには料理の見た目が重要と

いう事になり、次に注文したのは

鳥。というか

ヒヨコです

首が長いからヒヨコと親鳥の中間位の状態なの?

見た目はなかなかのインパクトでしたが

味は普通のニワトリ。そりゃそうだ。

という事でこの日のメインへ

なんだかわかりますか?

ウーパールーパーの一本揚げです。

別角度から撮影。

メンバーの一人が「可愛い!」と言って

テンション上がりまくりでした。

可愛いのかもしれんが・・食べるんだぞこれから。

一通りウーパーを愛でた後「中身」を確認。

白身なんですね。

味もさっぱりしていてクセがない。

獣の感じはまったくしなくて

白身魚に近い感じ。見た目はアレだけど

全然食べられます。

珍しいお酒も注文しました。

よく見るとわかりますが、虫とハーブを漬けた

スピリタスです。

色はハーブから緑色が抽出されて緑色。

なんか2杯目からは無料というサービスをしていて

「これはお得!」と飲んでみたものの・・・

アルコール度数が96%ですからね・・・

一杯でギブアップです。

ショットグラスで出てくるのかと思ったら

なんか大きめのグラスでくるし。

もう味がどうこうじゃなくて

ただ熱い

熱いものが食道と胃に入ってくる感覚のみです。

流石にこれを2杯も3杯も飲むのは危険という事で

ハブ酒

うん、なんかね。スピリタスを飲んだ後は

凄い安心できる味と度数でした。

若干薬のような感覚はあるものの、全然イケる。

さて、ではそろそろ締めという事で

デザートを注文

異物混入プリン

混入し過ぎだろう

あ、でも美味しかったです。

周りのワームはカリカリでコーンフレークと一緒。

中央にボスっぽい虫がいますがこちらもまあ

そんなに気にならない。

さて、そろそろ帰るか、というタイミングでスタッフさんが

面白いものを見せてくれました。

イノシシの頭。

まあ・・干支だしね・・

目が半開きで角度によって目が合うのが

凄く嫌

スタッフさんと試していけそうなら

メニューとして出すかも?という事で

珍獣屋のスタッフは大変だなぁと思った次第。

さてそんな訳で今回も色んな出会いがあったのですが

我々が本当に注文したかった

『カブトムシ』はシーズンが違うから在庫がないとの事。

やっぱりカブトムシにもシーズンとかあるんだ・・・

なんかネット通販でも虫とか

珍しい食材を売ってるみたいなので

次回は『自分達で調理してみる?』という

更にイカレタ企画になりそうな気配。

という訳で夏にカブトムシを食べに行くか

また年末に自分達で調理をしてみたいと

思います。

次回はジャエポ後なので恒例の

ジャエポのレポートです。

お楽しみにー!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
Nomu

Nomu

数少ないバイヨンオープニングメンバーの1人。もう10年以上バイヨンに関わってます。メダルゲームを専門とし、シングルマシンをこよなく愛する。好きなゲームは52JP・HMなど。